ツイッターを利用して性奴隷募集を始めて、1カ月以上が経過しました。
これだけ毎日のようにタイムラインに、性奴隷募集を流し続けたのですが、女の子からの連絡がまったくやってきませんでした。
それらしき目的で使っている女の子をフォローしたりもしたし、DMも送ったりリプライも出したりしていきました。
しかし、女の子から返事をもらうことができませんでした。
女の子からの返事はまったくないのだけれど、別のメッセージはたくさん送られてきていました。
タイムラインに流した後は、DMに多くのスパムが届くようになりました。
その内容のほとんどが宣伝用のURLの書かれているものでした。
ライブチャット、ツーショットダイヤル、出会い系サイトのURLが書かれていて、そちらに勧誘するようなものでした。
援助交際の申し込みも多少ありました。
自分の求めている関係とはまったく違ったメッセージだけ、だから結局はツイッターのアカウントは閉鎖してしまったのです。
これだけ頑張って性奴隷募集のタイムラインを流したのに、セフレが作れませんでした。
ツイッターで言葉責めとかやりまくったら、その気になってリアルで肉便器に、ラブホの中で縛り上げたりスパンキングしたりと妄想を繰り広げていただけに、相手が見つからなくて落ち込んでしまいました。
SMパートナーを探すのは本当に難しい、現実でもネットでもこれは変わらないのだなと痛感しました。
それでも雌奴隷はなにが何でも手に入れたいという気持ちは変わりなく持っていたのです。
なにかの方法で知り合うことができないのか?と思案していた頃のことでした。
最寄駅のよく立ち寄る小さな居酒屋で酒を飲んでいた時のことでした。

5歳上の飲み友達と酒を楽しんでいた時、ツイッターの話をしてみたのです。
そうしたら思わぬ情報がもたらされていきました。

 

定番サイト登録無料
おすすめサイトBEST5
性奴隷に志願する女の子を見つけるなら