MENU

 飲み友達曰く「出会いを探せる出会い系の中でも、いきなりセフレ募集してメールをくれる女の子はいない」と言ってきました。
「考えてみれば分るだろうが、女ってすごく警戒心が強いだろう。エッチな気分でも見知らぬ男と簡単に肉体関係は持たない。この辺の男女の考えの違いを把握していないと、どんなに良い出会い系を使ってもメールを受け取れないんだ。セックス相手募集でメールが来たが、120%は援デリ業者だよ」
男って女の子もエロい気分だと、気軽にエッチさせるって思ってしまいますね。
ところが、どんなにエッチな女の子でも、誰でも構わず挿入してほしいとは思わない、これ当たり前の話なんですね。
ネットの世界だからと思い込んでしまって、撃沈される男が実に多いと飲み友達は嘆いていました。
「それで、どうやったら肉体関係相手を募集できるんです?」
とても気になる部分です。
どのようにしたらセックスまで持っていける相手を探せるのか?
「それはね、通話をする相手を探すつもりでやる。オナ電ならリアルで会うことがないから、無料通話アプリ効果も不可能になってくる。LINEの他にSkypeとかカカオトークも用意しておいた方がいいよ」
性奴隷にする肉便器が欲しい僕としては、マゾの女の子と通話したいと言うふうに募集するのが良いようでした。
とてもユニークかつ現実的な方法だなと感じました。
飲み友達は良い出会い系は、料金も安めの設定なのでたいした出費にはならないという事も教えてくれました。
より良いサイトとして勧めてくれたのが、PCMAX、ハッピーメール、Jメールの3つです。
複数同時に使った方が、知り合える確率も高くなると言う事も教えられました。
すぐに出会うことはできないけれど、継続して使っていけば結果は確実にあると言う事も教えてくれました。
かなり詳しいノウハウを手に入れて、次はうまくいくような気分になり出会い系に登録していく事にしました。